【大炎上】費用2100万円!!ビフォアフターで大失敗をし家がめちゃくちゃ⇒訴訟に発展【激怒】

【Twitterで大荒れ】費用2100万円!!ビフォアフターで大失敗をし家がめちゃくちゃ⇒訴訟に発展【激怒】

【Twitterで大荒れ】費用2100万円!!ビフォアフターで大失敗をし家がめちゃくちゃ⇒訴訟に発展【激怒】

【Twitterで大荒れ】費用2100万円!!ビフォアフターで大失敗をし家がめちゃくちゃ⇒訴訟に発展【激怒】

 テレビで人気の番組に『大改造!!ビフォーアフター』(朝日放送系)がある。

所ジョージが司会を務め、一般視聴者の依頼で、匠と呼ばれる建築士や大工が家や

庭をリフォームするもので、私も何度か見たことがある。

この予算でこれだけの改造ができるのか? 

きっとテレビ局側が建築士にいくらか払っているのではないか? 

などという疑問を抱きながら見ていたが、どうもそうではなかったようだ。

文春で、この番組に応募し、多額の費用をかけて匠・

滝澤俊之氏にリフォームしてもらったが、「我が家を台無しにされた」と

中野区でラーメン店を営む中薗尚秋氏が実名告白したのである。

― スポンサードリンク ―


彼は築48年の中古住宅を10年前に購入したが、

敷地に高低差があり、一番大きいのは70㎝もあった。

階段を作って上り下りしていたが、踏み板が狭く、

妻が転んでアキレス腱を切ったこともあり、改造に踏み切ったのだそうだ。

見積もりは2100万円。リフォームにしてはかなりの高額である。

しかも見せられたのは手書きの見取り図だけで、

滝澤氏と中薗氏が完成までに会ったのはたった2回。

できた家に入って中薗氏はビックリ仰天する。

次ページへ続きます

スポンサードリンク


▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼




【Twitterで大荒れ】費用2100万円!!ビフォアフターで大失敗をし家がめちゃくちゃ⇒訴訟に発展【激怒】
記事に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。