【中学生激怒】軍歌を流しながら演説する右翼街宣車⇒中学生『うっせーぞ、カス』と叫んだ⇒すると・・車が止まりドアが開いた・・・


【中学生激怒】軍歌を流しながら演説する右翼街宣車⇒中学生『うっせーぞ、カス』と叫んだ⇒すると・・車が止まりドアが開いた・・・

【中学生激怒】軍歌を流しながら演説する右翼街宣車⇒中学生『うっせーぞ、カス』と叫んだ⇒すると・・車が止まりドアが開いた・・・

右翼街宣車が、軍歌を流して演説しているところへ、中学生が『うっせーぞ、カス!』と叫んだ。

【中学生激怒】軍歌を流しながら演説する右翼街宣車⇒中学生『うっせーぞ、カス』と叫んだ⇒すると・・車が止まりドアが開いた・・・

街宣車に中学生が「うっせーぞ」

世の中には、街宣右翼と呼ばれる活動形態があります。

警察用語では「行動右翼」と言われます。

右翼団体とは一定程度区別して扱われるのが街宣右翼。

街宣右翼に対しては、日本人社会では、見て見ぬ振りをすると言いますか、

関わりを持ちたくないと考えるのが一般的なものです。

若者や、小学生・中学生は、そのような街宣右翼を知らないから、

怖がらないこともあります。


gaisensha_002

例えば、街宣右翼の車両が、大音量で軍歌を流していました。

その様な光景は、駅前とか人の集まるところで見かけます。

 

その街宣車に向かって、

中学生が3人「うるせー!」と、

 

笑いながら声をかけてしまったというのです!

考えただけでも、恐れを知らない行為です。

 

お分かりいただけると思いますが、

「怖いお兄さん方」に、喧嘩を売る行為になります。

 

街宣車が、無視してくれたらいいのですが、

その時は、ぴたっと停車して、車両のドアが開きました。

 

そして・・・

次ページへ続きます

1 2 3

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る