【史上最悪の大誤審】捕球すらしていないのにアウト!抗議は一切認められず、観客乱入する異常事態!その後、ラフプレー連発…【1980熊谷商VS川口工】


高校野球で起きた『史上最悪と言われている大誤審』

昭和55年(1980年)選手権大会埼玉県予選決勝戦、川口工VS熊谷商で起きた大誤審です

だいぶ古い話なのですが、現代ではなかなか考えられないようなプレーなのでご紹介させてください。

【史上最悪の大誤審】捕球すらしていないのにアウト!抗議は一切認められず、観客乱入する異常事態!その後、ラフプレー連発…【1980熊谷商VS川口工】

甲子園出場を懸けた一戦。

その大誤審をきっかけに、観客はグラウンドに観客が入り乱れて乱入し、攻守交代時にはグラウンドに何度も物が投げ込まれ、その後は『報復行為』と見られるようなラフプレーが何度も繰り返されるという、中盤戦までの好試合が一転し、高校野球らしからぬ荒れた最悪の試合展開。

結果的には、誤審で不利な判定を喰らった川口工が熊谷商に2-7で敗れ、悔しすぎる幕切れとなった。


そもそも、その問題となったプレーにおいては、審判がミスジャッジを頑なに認めない頭の固さが大問題。

川口工の攻撃の場面。

一塁ランナーは盗塁を仕掛けるも、二塁ベース上でアウトと判定された。
しかし、この時キャッチャーからの送球はワンバウンドで、セカンドベースカバーに入ったショートは捕球すらしておらず、ボールを下に落としているにも関わらず、「アウト」を宣告されてしまう。

【史上最悪の大誤審】捕球すらしていないのにアウト!抗議は一切認められず、観客乱入する異常事態!その後、ラフプレー連発…【1980熊谷商VS川口工】

ミスジャッジは仕方がない。

しかし、この時ランナーは一人しかおらず、ショートがボールを落としているのは、一塁塁審、球審から見ても明らか。

一塁側の川口工にとっては、スタンドも含め「ボールを捕球しておらず100%セーフ」というのは目の前で確認できた。そして、解説者の方も「明らかにセーフ」と、審判に対して自制を促す辛辣なコメントを何度も繰り返す。それもかなり珍しい事。

審判団は、一度は協議をするものの、結果的にアウトの判定!

【史上最悪の大誤審】捕球すらしていないのにアウト!抗議は一切認められず、観客乱入する異常事態!その後、ラフプレー連発…【1980熊谷商VS川口工】

しかし、この結果に、納得がいかない川口工。

ランナーは塁審からアウトを宣告されているものの、抗議の意思を表し塁上から離れようとしない。(審判の指示に従ってダイヤモンド外に出てしまうと、もう抗議は出来なくなる)

【史上最悪の大誤審】捕球すらしていないのにアウト!抗議は一切認められず、観客乱入する異常事態!その後、ラフプレー連発…【1980熊谷商VS川口工】

そして川口工は再三の抗議を続ける。

【史上最悪の大誤審】捕球すらしていないのにアウト!抗議は一切認められず、観客乱入する異常事態!その後、ラフプレー連発…【1980熊谷商VS川口工】

それでもジャッジを一向に変えようとせず、川口工の抗議を聞こうともしない審判団の態度に業を煮やした観客が、何とグラウンドに乱入するという異常事態が起きてしまった!

【史上最悪の大誤審】捕球すらしていないのにアウト!抗議は一切認められず、観客乱入する異常事態!その後、ラフプレー連発…【1980熊谷商VS川口工】

次ページへ続きます

1 2 3 4

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る