【感動実話】難病と闘う少女との日本一の約束を果たした新庄剛志のエピソードに涙腺崩壊!日本復帰第一号は彼女と約束した予告ホームランだった【動画】


ファンの声援を一手に浴び、光り輝く舞台で輝くプロ野球選手。活躍すれば夢のような年俸を手に入れられる、夢のような職業。

 そんな光り輝くプロ野球選手ですが、感動的な話もたくさんあります。
 そこで、当サイトでは、様々な野球選手の感動的な話を掘り下げてご紹介していきたいと思います。

【感動実話】難病と闘う少女との日本一の約束を果たした新庄剛志のエピソードに涙腺崩壊!日本復帰第一号は彼女と約束した予告ホームランだった【動画】

嚢胞性繊維症(のうほうせいせんいしょう ※CF証とも呼ばれる)という難病を聞いたことがある方はいるだろうか?

【感動実話】難病と闘う少女との日本一の約束を果たした新庄剛志のエピソードに涙腺崩壊!日本復帰第一号は彼女と約束した予告ホームランだった【動画】

 遺伝性疾患の一つで、肺や消化器官・呼吸器官・汗など体から分泌される粘液に異常をきたす病。治療方法は臓器移植のみ。発症すると30歳まで生きられる確率は極めて低いという。

 嚢胞性繊維症(CF病)に冒されてしまった少女は野々村絵里さん。

 北海道に住む野々村絵里さんは、遺伝によって生まれながらにこの病にかかっていました。幼い頃は普通に何事もなく過ごすことができたそうですが、大の新庄剛志ファンだったお兄さんが、ある日突然この病を発症し、23歳にして亡くなってしまいました。

 そして、兄の後を追うように、妹の絵里さんは18歳の時に嚢胞性繊維症(CF病)を発症してしまいます。絵里さんはお兄さんの影響で、いつの間にか新庄剛志の大ファンになっていました。お兄さんとは「アメリカに新庄剛志を応援に行こう」という話をしていたそうです。

 絵里さんが嚢胞性繊維症(CF病)を発症して入退院を繰り返すようになった頃、絵里さんは「新庄剛志が日本ハムに入団する」というビッグニュースを病室のテレビで知り、これまで見せたことのなかったような笑顔を見せます。秋頃の話でした。


「新庄剛志が地元の北海道に来る!」

【感動実話】難病と闘う少女との日本一の約束を果たした新庄剛志のエピソードに涙腺崩壊!日本復帰第一号は彼女と約束した予告ホームランだった【動画】

 それだけで絵里さんは心躍るような気持ちになり、心はとても良い状態を維持できていたものの、嚢胞性繊維症(CF病)の方は一向に良くなりません。

 プロ野球が開幕する少し前の事。両親は医者から「治す道は渡米しかない」と告げられ、治る可能性はごく僅かであるものの両親は絵里さんをアメリカに連れていくことを決めました。

 しかし、絵里さんは急に嚢胞性繊維症(CF病)を発症して、すぐ亡くなってしまったお兄さんの事などがたまらなく不安で、アメリカへ渡るという決心はできずにいました。

 ただ、残された時間は少なくありません。

 もう余命はごく僅か。その事を知らないのは絵里さんだけでした・・・

 

 新庄剛志は知人を通じて絵里さんの事を開幕直前に知ります。知人から「どうしても会わせたい人がいるから病院に来てくれ」と言われ、言われるがままに絵里さんが入院する病院へ行き、この背景を知りました。

 そして、絵里さんと対面を果たします!

【感動実話】難病と闘う少女との日本一の約束を果たした新庄剛志のエピソードに涙腺崩壊!日本復帰第一号は彼女と約束した予告ホームランだった【動画】

「君さ、すごくかわいいよ。きっと大人になったらモデルになれる。絶対に病気は治るから!」

 と、いかにも新庄剛志らしい言葉で絵里さんを励ましました。

 

 そして、

「君の為に開幕戦でホームランを打つよ!そして北海道日本ハムファイターズを必ず日本一にする!」

 と約束をし、絵里さんからお守りを貰って新庄剛志は病室を去りました。

 
 

日本ハム移籍一年目、日本復帰第一号ホームランは、嚢胞性繊維症(CF病)と闘う絵里さんと約束した予告ホームランだった!

【感動実話】難病と闘う少女との日本一の約束を果たした新庄剛志のエピソードに涙腺崩壊!日本復帰第一号は彼女と約束した予告ホームランだった【動画】

 

 新庄剛志は絵里さんとの約束を果たしたのだ!!

 そんな新庄剛志に勇気づけられた絵里さんは、「治る可能性が1%でもあるのなら」と、アメリカへ渡り闘病する決意を固めたのです!

 

「今日ちょっと決心がついたし、今は向こうで治療してしっかり治してくることだけを考えています。病気には負けない!」

 

 絵里さんはそう言い残して、2004年3月16日に日本を旅立ちました。開幕戦の僅か9日後の事です。

【感動実話】難病と闘う少女との日本一の約束を果たした新庄剛志のエピソードに涙腺崩壊!日本復帰第一号は彼女と約束した予告ホームランだった【動画】

 
 
 

 しかし、絵里さんの手術は間に合いませんでした。

【感動実話】難病と闘う少女との日本一の約束を果たした新庄剛志のエピソードに涙腺崩壊!日本復帰第一号は彼女と約束した予告ホームランだった【動画】

 絵里さんは、新庄剛志の胴上げ、日本一の瞬間を見ることはできませんでした・・・

 

 絵里さんの訃報を聞いた新庄剛志。

「北海道日本ハムファイターズを日本一にする」

という絵里さんとの約束を果たすことを、絵里さんからもらったお守りを握り締めながら誓ったそうです。

 
 

あれから2年半。持ち前のキャラクターで多くのファンを魅了し続けた新庄剛志が果たした約束

 オールスターゲームでホームスチール決めてMVPを獲得した新庄剛志。
 常に記憶に残るプレーをしていた新庄剛志。
 クイズミリオネアで1000万円の賞金を獲得し、北海道日本ハムファイターズファンの為に寄付をした新庄剛志。
[kanren postid=”8693″]

 言い方に語弊があるかもしれませんが、チャラそうな男・新庄剛志ですが、難病を抱えた一人の少女を励まし続けていた事をはじめ、多くのファンを大切にしてきました。

 日本ハムに移籍してきた時に宣言した

「札幌ドームを満員にします!」

 という事も、2006年の優勝で見事成し遂げました。

 

 2006年シーズン序盤に引退宣言したのも、札幌ドームを満員にするため。
 
 新庄剛志の目論見通り、引退宣言から優勝を果たすまでの期間、多くのファンが札幌ドームを訪れ、何回も満員にしてくれました。

 最終打席では涙が溢れ、豪快なフルスイングで三球三振を喫した新庄剛志。
 絵里さんとの約束をはじめ、色んな思いが去来したのでしょうね。

 
  

 絵里さんは残念ながら嚢胞性繊維症(CF病)という難病に打ち勝つことはできませんでしたが、最期まで戦い抜き、生きた軌跡を遺してくれました。そして今、私たちの目にこうして届いています。

 きっと、これからも絵里さんの残した軌跡が、病気と闘う多くの方々の励みになっていくことでしょう。

 

 そして、絵里さんにホームランを打つことを約束し、見事予告ホームランを放った新庄剛志は本当にスターだと思います。

 きっと、このエピソードに感動しない人はいないんじゃないでしょうか?

 今回ご紹介した新庄剛志のエピソードをはじめ、たくさんの感動的なエピソードや裏話がプロ野球界には存在します。これからも少しずつ紹介していきたいと思います!

 
[kanren postid=”8840,9631,9733,8676,8693″]

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る

関連記事