【前科アリ・カープ菊池涼介】小学生でもわかる振り逃げのルールをまた間違えた結果→一塁ランナー田中広輔も釣られて三振ゲッツーw【CS珍プレー動画】


広島カープ菊池涼介が、小学生でも知っている振り逃げのルールを間違えた結果・・・

セリーグクライマックスシリーズ第三戦、広島カープが優勝に王手をかけ臨んだ横浜DeNAベイスターズ戦。

 事件は、6回裏ノーアウト一塁。ランナーは俊足の田中広輔。3-0で横浜DeNAがリードしていて、広島カープはここから反撃の狼煙をあげよう!という場面に起きた。

 三振に倒れた菊池涼介。

【前科アリ・カープ菊池涼介】小学生でもわかる振り逃げのルールをまた間違えた結果→一塁ランナー田中広輔も釣られて三振ゲッツーw【CS珍プレー動画】

 三振を喫したボールをキャッチャーが前にこぼしてしまったため、菊池涼介は振り逃げを試みたのだ!しかし、降り逃げのルールは、野球をやってた人なら小学生でも知っているはず。

 

振り逃げは一塁に走者がいる場面では無死、一死では認められない。

 

 その為、菊池涼介の振り逃げは、ひょっとしたら送球ミスを誘うためのトリックプレーだったのかもしれないが、これに釣られたのはまさかの味方、一塁ランナーの田中広輔。

【前科アリ・カープ菊池涼介】小学生でもわかる振り逃げのルールをまた間違えた結果→一塁ランナー田中広輔も釣られて三振ゲッツーw【CS珍プレー動画】

 結局、田中広輔は飛び出してしまいタッチアウト!もちろん菊池涼介は走ろうが何しようが、三振が既に成立しているため、振り逃げ三振ゲッツーという、非常に珍しい珍プレーが起きてしまった・・・

10/14 CS ファイナルステージ 第3戦 DeNA vs カープ 菊池と田中の凡ミス?できない振り逃げにつられて走者アウト! 10月14日

 めちゃくちゃ恥ずかしいプレーです・・・


 

 田中「三振か」
 菊池「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
 田中「えっ!?、ちょっと、えっ!?」

 という感じでしょうね。

 
 

実は菊池涼介には前科があった!!

 今回起きたプレーと全く同じような局面で、既にやらかしていた菊池涼介。
 クライマックスシリーズという大舞台で、わざわざ再現しなくても・・・

広島カープ菊池涼介の偽装?振り逃げに騙されて飛び出す松山ww

 

 松山「三振か」
 菊池「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
 松山「えっ!?、ちょっと、えっ!?」

 という感じでしょうね。

 あっ、どっかで見たフレーズかもww

 
 

振り逃げでやらかした菊池涼介に対するツイッター上の反応

[kanren postid=”9000,10441,8577,9457,10398″]

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る

関連記事