▼新着記事をCheck▼

【母の友人】一人暮らしをし始めた頃、いきなり「お母さんの友人…」と名乗る清楚な熟女がご飯を持ってきてくれた!いつの間にか俺たちは恋仲になって…

大学進学してから、一人暮らしを始めた頃の事。

まだ友達もほとんどできていなかったし、サークルも決まっていなかったのに、いきなりドアのチャイムが鳴って驚いた。

 

一応、ドアの小さな小さな窓から覗くと、小奇麗で清楚な熟女が玄関の前に立っていた。
スーパーの袋らしき物をぶら下げている。

一応、「どちら様ですか?」と聞くと「こないだ会った、お母さんのお友だちの・・・」という返事。

【母の友人】一人暮らしをし始めた頃、いきなり「お母さんの友人…」と名乗る清楚な熟女がご飯を持ってきてくれた!いつの間にか俺たちは恋仲になって…

恐る恐るドアを開けたら「お母さんから頼まれてね。」と、スーパーの袋に入っていた鍋を差し出してきて、「食べ終わったら、外にでも置いといてくれても良いし」と言い、立ち去って行った。

 

見た目は母よりはるかに若い。
恐らく、30代後半から40代前半という感じ。

念のため母に連絡したら、確かに近くに住む母の知り合いで、何かあったらよろしく、とお願いしてあるとの事だった。

怖かったけど、まだバイト探す前で金欠だったし、貴重な食糧だったから頂くことにした。
母から連絡もしておいてくれるって事だったし。

 

翌日、お礼もしなきゃと思い、同じ時間に家で待っていたら、予想通りその時間にまたその人は来てくれた。美味しかったとお礼を伝え、鍋を手渡した。

母からもお礼の連絡が入っていたという。

俺はそれを聞いて、やっと安心した。

 

それからサークルとバイトを始め、あったり合わなかったりだったけど、いつの間にか仲良くはなり、玄関先での立ち話をするようになってはいた。

いつだったか、俺の部屋が随分汚れているのが目に留まったことがあって、それをきっかけに部屋の中で話をすることも何度かあった。

彼女はいたけど、彼女は留学に向けてのバイトと勉強で忙しくてなかなか会えなかった。


あれから2年が過ぎた。

 

大学3年の夏休みの頃。

実家に帰る予定はあったが、後期から始まるゼミの課題を山ほど出されてしまい、やることが山積みでなかなか帰れずにいた。

その人は、今の俺は課題が多くて、バイトがある夕方以降よりも昼間の方が部屋にいることが多いことは知っていた事もあって、その日はお昼を持ってきてくれた。

 

薄手の白のノースリーブは派手なブラを透けさせていた。スカートも膝上丈。
彼女が留学中で、課題とバイトに追われて悶々としていた俺には、少々刺激の強い服装だった。

 

暑い日だったから、首元の鎖骨のあたりから滴る胸元の汗の筋なんかも、刺激的だった。

「冷たい麦茶でも飲みます?」

と言って、部屋の中に誘うと、何の警戒心もなく部屋に上がってきた!

 

俺、相当ドキドキしてた・・・

次ページへ続きます

  • コメント

    記事に戻る