【悲劇は重なる】妊娠中の母が車いすの男の子を庇い、交通事故に遭って即死→その後、謝罪に来た男の子の家族が葬式で暴れだした!許せない!!


妊娠中の母が男の子を庇い、交通事故に遭って即死

その後、謝罪に来た男の子の家族が葬儀で暴れだした…

私が中学生の時、妊婦だった母と買い物に行ったんだ。

【悲劇は重なる】妊娠中の母が車いすの男の子を庇い、交通事故に遭って即死→その後、謝罪に来た男の子の家族が葬式で暴れだした!許せない!!

久しぶりの買い物で和気藹々としてたんだけど、私がちょっと目を離した間に母の体は吹っ飛んでいた。

私の視線からでは曖昧なんだけど、警察から聞くには、車椅子に乗った小さい男の子が急に車の前に飛び出してきたため、母がその子を逃がすために飛び出たらしい。

母が吹き飛ばした子供は無事で、母は子供を庇ったために即死した。
もちろんお腹の中にいた赤ちゃんも・・・

私は必死に母に呼びかけたけど、ウンともスンとも言ってくれなかった。
余程、打ち所が悪かったのだと思う・・・


父と母はラブラブだったので、まず最初に父が狂った。

そして父は・・・泣きまくって、母のそばを離れなかった。
父のあんな姿を見たのは、後にも先にもこの時だけ。

普段はあんなに頼りがいがあって、明るい父なのに。
人は、大切なものを失ってしまうとここまで変わるんだ、という事がよく分かった。

小学生になる妹は泣きじゃくって、私にすがりついた。

 

目の前で母に死なれた私は、親戚の目も同情の言葉も責められているように感じて、精神的には相当な修羅場だった。

けど父は狂ってるし、妹は面倒みてなきゃだし、私まで泣いたら家族が完全に崩壊してしまう気がして、最優先で走り回った。

お葬式とか。

まだ中学生だった私は、お金周りのことは何もできなかったけど、できる限りのことは父の分も精一杯こなした。

 

祖父母は手助けはしてくれたけど、裕福ではなかったので特に援助とかはなかった。

とりあえず葬式の事務的なことは私が担当して、父には喪主として出てもらった。

 

葬式には別々で
「事故を起こした運転手」「母がかばった子供一家」が来た。

 

悪いことは続くもので、加害者家族の振る舞いによって、私たち一家にまた悲劇が舞い降りた・・・

 

次ページへ続きます

1 2 3

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る